COLUMN 外構会社コラム

人工芝の下地づくり

爽ガーデンの藤田です。
今回は「人工芝の下地づくり」をご紹介します。

人工芝を平らにキレイに敷くためには下地が重要です。
下地づくりを怠ってしまうと、施工後のトラブルの原因になってしまいます。

まずは、土を平らに均していきます。

板の定規を使って、平らに一面が同じ高さになるよう叩いて押し固めます。
下地がしっかりと平らになっていないと凸凹や水たまりの原因になります。
また、土を叩いて固めることによって施工後に人工芝が沈むのを防げます。

これが芝をキレイに敷くための大事な下地作業です。

土をキレイに均し固めたあとは防草シートを敷きます。
土が露出してしまうと、雑草が生える原因となるので隙間なく敷きます。
ここで光が下地に少しでも入ってしまうと、草が生えてくる原因になってしまいます。

今回は、爽ガーデンとしては「下地づくり」で終了です。
このあと、お客様が人工を敷く予定です。
一か所でもDIYをしたところがあると、お庭に愛着ができますよね。

お庭に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT お問い合わせ

株式会社 水谷内建設工業 外観写真
〒047-0034 北海道小樽市緑2丁目27番4号
TEL 0134-32-6498 FAX 0134-23-2285
営業時間:午前9時00分~午後5時まで
定休日:土日・祝日
※ご予約があれば打ち合わせ可能です
Instagram Facebook
1974年創業の
地域密着型企業です
施⼯エリアは、⼩樽市、札幌市、⽯狩市花川近辺、余市町、仁⽊町、倶知安町、岩内町です。それ以外のエリアはお問合せください。