COLUMN 外構会社コラム

私たちの考え方|株式会社水谷内建設工業


【経 歴】
東京の広告デザイン会社にてグラフィックデザイナーとしての知識・感性を養う。
その後、現会社に就職し、公共土木工事の工事監督員(現場代理人)としての経験を積み、現場畑を歩む。道路工事、河川工事などで測量、工事計画、現場の指揮をこなし、数々の現場を納める。
また、外構・エクステリア部門を設立し、デザインを学んできたことの知識・感性と土木工事の技術・経験を融合させ、お客様に「技術力・デザイン力・企業力」の外構工事を提供する。
2018年に代表取締役に就任し現在に至る。

 

【ごあいさつ】
私が外構・エクステリアを始めたきっかけは、自分自身の「家づくりでの気付き」がきっかけとなっています。
家の間取りや内装・外装にばかり集中して気を取られ、家の外回り「外構工事」のことはまったく頭にありませんでした。実際に家が完成してみると、家の中はまあいいんです。色々と打ち合わせて決めた結果なので満足していました。
ですが、家の外にものすごい違和感を感じるんですね。

家の前面に砂利を敷いただけの外回り。
これではせっかく建てた新築の家がポツンと浮いてて、正直みすぼらしく感じました。
「これは・・・なんか違う」
当時、私は公共土木工事の工事監督員。土木工事のプロであっても、外構工事の重要さなどまったく知らなかったのです。
そう、外構工事は「家づくりの総仕上げ」だということを身をもって知りました。

その後は、外構工事・エクステリアのことについて徹底的に調べました。
どのようなゾーニングにするか、家を引き立たせる外構にするには、などなどプランを考えるのは楽しいことでした。
どこかのエクステリア業者に依頼しようか・・・とも思いましたが、当時はまだエクステリア会社のホームページなどは少なく、果たしてこの会社は本当に技術力はあるのか、信頼がおけるのか・・・などの不安要素がありました。
そこで、ふとあることに気づきました。
外構工事の基本は土木技術だということに。
そして、自分には土木工事の技術があり、デザインを学んできた知識もある。

まさに灯台下暗しです。
それに気づくと居ても立ってもいられなくなり、急いで図面を書き、先頭に立って自社の力で造り上げることに決めました。

エクステリアが完成した時は、もう外回りに違和感は感じられなくなりました。
外構が家そのものを引き立たせ、やっと「家づくり」が完成した瞬間でした。
こんな小さな前庭でも外構エクステリアが与える家の印象は大きく変わるものです。

外構が明るく華やかになって、通りすがりの方たちから「キレイになりましたね」と声をかけられることも多くなりました。
それはやはり、とてもとても嬉しいものです。

 

「せっかく家を建てたけど、外回りがなんか・・・違う」と悩まれている方は多いと思います。
また、「果たしてこの会社は本当に技術力はあるのか、信頼がおけるのか・・・」と悩まれている方も多いと思います。
2つとも、私自身が実体験として経験していますから。

自分と同じように外構で悩まれている方のお力になりたい・・・
そんな思いで外構・エクステリア部門を設立しました。

私たちには3つの大切にしている力があります。
1.公共土木工事で培った「確かな技術力」
2.グラフィックデザインの知識を取り入れた「デザイン力」
3.45年間続いている信頼の「企業力」

この3つの力は一朝一夕で培われるものでなく、社員一同が想いを共有し、長い時間をかけて切磋琢磨し造り上げてきたものです。

おかげさまで、今日まで本当にたくさんのお客様に出会い、大切な外構工事を任せていただいております。
これからもお客様の信頼を糧として、より大きな「力」を発揮し、地域社会の皆様に必要とされる企業を目指します。

株式会社水谷内建設工業 会社概要はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CONTACT お問い合わせ

株式会社 水谷内建設工業 外観写真
〒047-0034 北海道小樽市緑2丁目27番4号
TEL 0134-32-6498 FAX 0134-23-2285
営業時間:午前9時00分~午後5時まで
定休日:土日・祝日
※ご予約があれば打ち合わせ可能です
1974年創業の
地域密着型企業です
施⼯エリアは、⼩樽市、札幌市、⽯狩市花川近辺、余市町、仁⽊町、倶知安町、岩内町です。それ以外のエリアはお問合せください。